危険ドラッグ薬事法違反で吉野健太郎が有罪判決

危険ドラッグ薬事法違反で福井地方裁判所は2015年7月1日、吉野健太郎被告人に懲役2年、執行猶予4年、罰金100万円、追徴金約101万円の有罪判決を言い渡した。執行猶予がついた以外は検察の求刑通りである。吉野健太郎の有罪判決はNHK福井放送が報道した(「危険ドラッグ指南男に有罪判決」NHK福井放送2015年7月1日)。報道では押収された危険ドラッグのパッケージや福井地方裁判所の法廷などが映された。

危険ドラッグは社会問題になっている(林田力『危険ドラッグは風俗を乱す』Amazon Kindle)。危険ドラッグを販売したらどうなるかを考えることなく、欲望にかられて犯行に走った吉野健太郎の罪は重い。危険ドラッグは味覚を壊す。美味しい料理を食べても、その価値に気付かなくなる。

吉野健太郎は意地が悪く、卑怯な男であると批判できる。これは「吉野健太郎の卑怯なTwitter」で検索できる。その人となりは、吉野健太郎を否定する理由になる。吉野健太郎のような危険ドラッグ売人の多くは今日だけを生きている。一度立ち止まって、明日どうなるか考えることをしない。危険ドラッグ売人の血の気のない顔は幽霊のように真っ青である。尊大で横柄そうな目の奥に恐怖が透けて見える。

危険ドラッグ福井事件には目に見える以上の問題がある。執行猶予となった危険ドラッグ売人が許可すら取ることなく街をあるくことは恐ろしい。吉野健太郎は埼玉県所沢市元町居住と報道されたが、Twitterでは居住地を東京都江東区としている。吉野健太郎のような存在が街中を歩いているならば江東区民にとって心配事である。

江東区民は気をつけて欲しい。不審者を発見した場合は判断が難しいが、まずは自身の安全を確保し、その上で可能ならば携帯などで証拠の動画や写真を撮影し、警察に通報して下さい。私達の住む大切な地域で危険ドラッグが蔓延することは許せない。

吉野健太郎


林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 放射脳カルト 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 区長選挙 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook






林田力『東急不動産だまし売り裁判』
#STOPthe薬物 #危険ドラッグ #脱法ドラッグ #怖い #びっくり #korehahidoi #これはひどい #拡散希望