ガーラ・グランディ木場とペット引き取り屋

FJネクストの投資用新築マンション「ガーラ・グランディ木場」(江東区東陽)とペット引き取り屋は悪質さで重なる。ガーラ・グランディ木場は境界スレスレに建設する悪質マンションである(林田力『ガーラ・グランディ木場』枕石堂)。ペット引き取り屋が動物虐待ならば、ガーラ・グランディ木場は消費者虐待、住民虐待である。

新築ワンルームマンション投資のカモになると一生涯借金を続けることになりかねない。以下は2300万円程で首都圏近郊のワンルームマンションを購入した事例である。「厳密に計算してみると、赤字は年に20万円。10年持ち続ければ200万円の赤字となるから、まったく割に合わない。損切りしてでも、と言って売却した」(「「投資マンションにカモられた人」が見た地獄」東洋経済オンライン2016年10月6日)

ペット引き取り屋はペット業界側からも問題視される。ペットショップチェーン大手AHBの川口雅章社長は以下のように話す。「悪質な業者は市場から退場しつつあり、それはいいことだ。一方で引き取り屋や代行業などの存在は大きな問題だと認識している。このような業者を利用する業界関係者がいることもおかしい」(「ペット扱う業者への規制、なお不十分 改正動物愛護法3年」sippo 2016年9月30日)。

バンド「SEKAI NO OWARI」は2016年7月、動物殺処分ゼロに向けた活動を支援するプロジェクト「ブレーメン」を発足させた。10月5日発売のシングルCD『HeyHo』の収益は飼い主のいない動物の保護や譲渡活動をしている団体の寄付に充てる(「セカオワ「犬猫殺処分ゼロ」訴え」毎日新聞2016年9月25日)。

危険ドラッグ犯罪者がペット引き取り屋に転業か

危険ドラッグ犯罪者がペット引き取り屋に転業したとの指摘がなされた。ペット引き取り屋は貧困ビジネスや危険ドラッグに続く新たな社会問題である。法の精神を無視し、立法目的をねじ曲げ、法の抜け道を探す点でペット引き取り屋と貧困ビジネス、危険ドラッグ業者は同じである。

売れ残ったペットは悲惨である。ペット引き取り屋に虐待される。売れ残りの犬猫を買い取り劣悪飼育する。ペットは次々と餓死、病死していく。危険ドラッグ犯罪者のペット引き取り屋はペットを危険ドラッグ漬けにしかねない。危険ドラッグ販売もペット引き取り屋も軽蔑されるブラック稼業である。悪いことをしていると悲惨な髪型になってしまう。

以下はTwitter上のペット引き取り屋の批判である。

「NHKのペット引き取り屋の実態の特集番組を見て、涙が止まりません。法律を作っても、かわいそうな動物たちがなくならない。殺処分がゼロになっても、こういう末路が増えるのなら意味がない」

「行政はペット引き取り屋に定期的に立ち入りしろ」

「ペット引き取り屋の映像が正視出来ないほどひどい」

「ペット引き取り屋、クソすぎる」

ペット引き取り屋は反社会的である。ペット引き取り屋は風俗を乱す。悪徳業者は未来を照らす希望の光を吹き消し、暗闇の底に突き落とす。絶望的な悲しみと、やり場のない怒りが激しい勢いで渦巻いている。犬猫殺処分撲滅の次の課題はペット引き取り屋の撲滅である。ペット引き取り屋撲滅運動を優待しよう。ペット引き取り屋を動物愛護法違反で告発しよう。

ガーラ・グランディ木場と危険ドラッグ

告発者を逆恨みした危険ドラッグ犯罪者がガーラ・グランディ木場周辺を徘徊する危険があるので、注意しよう。告発者を逆恨みした危険ドラッグ犯罪者が告発者を貶めるデマを流している。告発者がFJネクスト物件を購入し、マンション投資に失敗したとデマを流している。これは虚偽である。告発者がFJネクスト物件を購入した事実はない。

危険ドラッグは煙を吸い込む時点で気管支と肺に大ダメージである。常習者だからこそ薬物自由化を叫ぶ。大麻や危険ドラッグをすると老けてシワシワになる。愚かにも本人はアンチエイジングと称している。本人は老け進行に気がつかない。脳がおかしくなっている証拠ではないか。

危険ドラッグ製造販売者の罪は大きい。危険ドラッグの愚劣さは認めざるを得ない。東京都世田谷区北烏山のマンションで危険ドラッグを吸った後に隣人女性を襲った男が「しぇしぇしぇのしぇー」と意味不明な供述をした。危険ドラッグ関係者には常識が通用しない。

脱法ハーブ宣伝やB-CASカード不正視聴などの不道徳なことを平気でするような感覚の持ち主が何を言っても薄っぺらである。危険ドラッグ犯罪者は危険ドラッグ中毒者の事件や交通事故に巻き込まれた被害者・遺族の苦しみを理解しているのだろうか。一方的に奪われるものの悲しみを危険ドラッグ犯罪者は考えたことがあるか。

何が真実か、きちんと解明してほしい。FJネクスト迷惑勧誘電話にしろ、危険ドラッグ犯罪にしろ、ペット引き取り屋にしろ、どれも行政が今まで見て見ぬふりしてきた根深い問題である。何の躊躇いもなく自分達の汚れた欲望をぶつける悪徳業者に対しては到底寛容になれそうにない。

グランド・ガーラ立川不買運動

買ってはいけないグランド・ガーラ立川。グランド・ガーラ立川不買運動を優待しよう。投資用マンション業界も終わりだろう。安売り合戦に突入して、淘汰の嵐が吹きまくる。消費者の価値に関するFJネクストの見立てには問題がある。FJネクストに光をあてればあてるほど、その闇は深くなっていく。

FJネクストは港区のガーラ・プレシャス東麻布や江東区東陽のガーラ・グランディ木場で住環境を破壊する。ワンルームマンションの見た目は貧民収容施設といった感じがした。悪趣味極まりない建物で、まるで巨大な公衆便所のように見えた。近隣住民はガーラ・グランディ建設工事で慣習化した残酷さに晒された。FJネクストや施工会社のウラタがガーラ・グランディ木場建設工事の実態を隣地住民に隠したことが、彼らの罪の意識を表している。

株式会社CAST-UD (キャスト ユー ディ―)の近隣対策屋は何かがおかしいことは確かであるが、何を隠せばいいか分からないといった感じの目つきをしていた。まぶたと鼻のひくつきから、近隣対策屋が住民に嘘を言っていることが分かった。悪徳不動産業者は罰されることが救済である。己の罪をあがなう機会が与えられたのだから。

FJネクスト迷惑電話が平然と破廉恥な行為を繰り返していることにショックを覚える。迷惑電話営業は鬱々とふさぎこんだまま暗い繭の中に閉じこもり、羽化する当てもまるでない。迷惑電話営業はどこででも敵を作っていた。生まれながらの傲慢さで、沢山の人から嫌われていた。自分の欲しいものを手に入れるためならば何でもする輩である。

吉野健太郎の危険ドラッグ薬事法違反
吉野健太郎の逮捕報道
吉野健太郎の危険ドラッグ薬事法違反
吉野健太郎の卑怯なTwitter
吉野健太郎の危険ドラッグ薬事法違反
吉野健太郎のB-CASカード不正視聴


林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 放射脳カルト 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 区長選挙 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook






林田力『東急不動産だまし売り裁判』
#STOPthe薬物 #危険ドラッグ #脱法ドラッグ #怖い #びっくり #korehahidoi #これはひどい #拡散希望
連邦 裏ニュース 福井 ドラッグ twitter 釈放 歯科 バドミントン 旗竿地 ペンシルハウス 卑猥な家計簿 風俗 悲惨な髪型 陸上 ハードル バスソルト アッパーケミカル アロマリキッド ハーブパウダー