吉野健太郎の危険ドラッグ犯罪告発動画に削除要求

動画「吉野健太郎が危険ドラッグ犯罪で有罪判決」に対して2016年5月、プライバシー侵害の申し立てがなされた。この動画は吉野健太郎の危険ドラッグ薬事法違反のスライドショーである。BGMは『ジョニーが凱旋するとき』(When Johnny Comes Marching Home)である。スライドショーの内容は全て事実である。

吉野健太郎は2014年8月21日付で、危険ドラッグの原料輸入を理由に逮捕された(「危険ドラッグ5キロ、中国から国際郵便で密輸 男ら4人逮捕 沖縄県警」産経新聞2014年8月26日、「危険ドラッグの原料を輸入した疑い、4人逮捕」TBS 2014年8月27日)。福井県警福井警察署らは2014年12月8日、吉野健太郎容疑者らを医薬品の無許可販売の疑いで逮捕した(「危険ドラッグ:販売容疑で8人を逮捕 /福井」毎日新聞2014年12月9日)。

福井地検は2014年12月27日、吉野健太郎らを薬事法違反(医薬品の無許可販売など)の罪で起訴起した(「危険ドラッグ販売などで6人起訴 福井地検」中日新聞2014年12月27日)。福井地方裁判所は2015年7月1日、吉野健太郎被告人に懲役2年、執行猶予4年、罰金100万円、追徴金約101万円の有罪判決を言い渡した(「危険ドラッグ指南男に有罪判決」NHK福井放送2015年7月1日)。

吉野健太郎は自己のアングラサイト「連邦」で脱法ハーブやゼロゼロ物件業者(吉野敏和)の広告を掲載していた。同じく「連邦」でB-CASカード不正視聴を自白している。また、Twitterでは「相手が一番ダメージがる部分も「セット」でやるから『仕返し』とか『報復』だと思うんですよ」と相手の嫌がる部分を攻撃する卑怯な手口を正当化している。吉野健太郎の卑怯なTwitterで検索すれば理解できる。

この動画には吉野健太郎のことしか言及されておらず、申し立てるとすれば吉野健太郎しか考えられない。人の生き血をすすって違法な事して迷惑かけて生きてきた危険ドラッグ犯罪者が反省せずに「まともな仕事に就きたい」と思うことは許されるか。

危険ドラッグ犯罪は公共的関心の対象となるべき情報である。危険ドラッグは社会問題になっている。2014年の流行語大賞トップテンに選ばれるほど関心が高い問題である。危険ドラッグ犯罪の報道は、犯罪行為があったことを一般に伝え、社会的見地からの警告、予防、抑制的効果を果たす意義がある。

吉野健太郎の危険ドラッグ薬事法違反


林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 放射脳カルト 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 区長選挙 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook






林田力『東急不動産だまし売り裁判』
#STOPthe薬物 #危険ドラッグ #脱法ドラッグ #怖い #びっくり #korehahidoi #これはひどい #拡散希望
連邦 裏ニュース 福井 ドラッグ twitter 釈放 歯科 バドミントン 旗竿地 ペンシルハウス 卑猥な家計簿 風俗 悲惨な髪型 陸上 ハードル