×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

危険ドラッグ福井密造事件で吉野健太郎が逮捕

林田力

危険ドラッグ福井密造事件で吉野健太郎が逮捕された。福井県警福井警察署らは2014年12月8日、吉野健太郎容疑者と所沢市の無職・米澤茂樹容疑者を医薬品の無許可販売の疑いで逮捕した。既に薬事法違反容疑で逮捕されていた男女6人も同じ容疑で再逮捕した。

再逮捕の6人は以下の通り。福井市順化2丁目、無職土屋裕樹(24)と弟で同市大宮3丁目、無職土屋直樹(21)、福井市順化2丁目、妻の飲食店従業員・土屋菜津美(24)、福井市加茂河原2丁目、個人塾経営・田中文隆(37)、福井市和田、土木作業員・坂下剛(31)、東京都港区白金、タクシー運転手・福岡新平(27)。

吉野健太郎ら逮捕された8人は、2014年2月から6月にかけて、福井市順化で製造した危険ドラッグを県外のハーブ店舗などに約500袋を100万円で販売し、危険ドラックの成分を含む医薬品の無許可販売の疑いが持たれている。これまでの調べで、吉野健太郎と米澤茂樹が中国から危険ドラッグの原料を調達し、製造方法をメールなどで教えていたことが判明している。警察では原料の入手ルートの解明などさらに捜査を進める方針とする。

吉野健太郎は2014年8月に危険ドラッグの原料を中国から輸入した容疑で沖縄県警らに逮捕されている。米沢茂樹は8月も吉野健太郎と一緒に逮捕されている。吉野健太郎は自己のアングラサイト「連邦」に脱法ハーブ店の広告を掲載していた(林田力『脱法ハーブにNO』Amazon Kindle)。脱法ハーブを宣伝した吉野健太郎が社会的に批判されることは当然である。吉野健太郎批判は表現行為として保障されるべきである。

福井テレビの逮捕報道記事で吉野健太郎は「埼玉県所沢市の日用品販売会社役員」と紹介されている(「埼玉の男2人を新たに逮捕〜危険ドラッグ製造・密売」福井テレビ2014年12月9日)。毎日新聞は「埼玉県所沢市元町、雑貨店経営」と紹介する(「危険ドラッグ:販売容疑で8人を逮捕 /福井」毎日新聞2014年12月9日)。



危険ドラッグ福井密造事件は衝撃的な事件である。ドラッグ売人グループは福井市中心部や京都市、滋賀県彦根市など複数個所に危険ドラッグ密造工場を構えていた。工場は福井県外にもあったという。売人グループは化学物質を組み合わせて独自の製品をつくり、複数のマンションに危険ドラッグを販売目的で貯蔵していた。

売人グループは危険ドラッグを全国に販売し、多額の収益を得ていた。県外のハーブ販売店に卸しただけでなく、インターネットでも販売していた。2013年4月以降に500人超を相手に総額1億円以上を売り上げたという(「危険ドラッグ貯蔵疑い、密造グループ摘発 1億円以上売り上げ 福井」産経新聞2014年10月31日)。好悪のままに処罰可能ならば、危険ドラッグ売人こそ地球を清潔にするために処理すべきである。

売人グループ摘発の発端は2014年10月14日に薬事法で規制された危険ドラッグを所持したとして田中容疑者が同法違反(指定薬物所持)容疑で逮捕されたことである。田中容疑者は販売目的で福井市内のビルに危険ドラッグの自動販売機を設置していた。自動販売機は福井市の繁華街「片町」近くのビル敷地内に設置された。危険ドラッグを連想させる文字や図柄入りのサンプルの袋が並べられていた。情報を得た県が自販機を撤去させた。県警は15日、同容疑者を送検。送検容疑は11日、指定薬物を含む危険ドラッグ約0・8グラムを自宅で所持した疑い(「繁華街に危険ドラッグ自販機設置 福井市「片町」、すでに撤去」福井新聞2014年10月16日)。

ここから売人グループの存在が浮上した。福井署などは10月11日に売人グループの4拠点を一斉に家宅捜索し、乾燥植物片約87キロと指定薬物を含む粉末約200グラムを押収した。また、薬品の付いた手袋やバケツ、計量器具など製造器具を含む約千点以上が見つかった。危険ドラッグの密造工場が摘発された例は全国でも数少ない(「福井に複数の危険ドラッグ密造工場 薬事法違反容疑で数人逮捕へ」福井新聞2014年10月30日)。

福井県警は2014年10月30日、指定薬物を原料にして製造した危険ドラッグをため込んでいたとして、薬事法違反(指定薬物の販売目的貯蔵)の疑いで、福井市順化2丁目、無職土屋裕樹(24)と弟で同市大宮3丁目、無職土屋直樹(21)両容疑者、福井市加茂河原2丁目、個人塾経営・田中文隆容疑者(37)ら男女6人を逮捕した。県警は31日には6人を送検した。送検容疑は9月下旬、京都市東山区のアパートで指定薬物を含む粉末約200グラムを販売目的で貯蔵した疑い。

福井地検は30日、グループ関係者に怪我を負わせたとして傷害の罪で土屋裕容疑者を起訴。住居侵入などの疑いで逮捕された土屋直容疑者ら関係者3人は「継続捜査を予定している」として処分保留とした。福井県警は11月18日、6人全員を同法違反(指定薬物製造・販売目的貯蔵)容疑で再逮捕した(「危険ドラッグ:製造容疑で男女6人再逮捕 県警/福井」毎日新聞2014年11月19日)。

土屋裕樹、直樹の両容疑者は、製品の幻覚・興奮作用を「危なすぎる」と認識しながら製造していたとみられる。2人は福井県警の調べに「金もうけ目的」とも供述している。売人グループは危険ドラッグの効果を見極めるため、仲間内で密造品の人体実験を繰り返した。田中文隆容疑者が指南役となっていたとみられる。

主な被験者は6人とは別の吸引常習者の男性である。白目をむき、舌をかみ切ろうとするなど異常な反応を示すこともあったらしい。土屋兄弟は、自らは吸引せず、「男性を見て危なさを感じた」と供述しているという(「危険ドラッグ密造も自らは吸引せず 逮捕兄弟「金もうけ」と割り切り」福井新聞2014年11月20日)。福井署などは、実験で得た効き目などのデータを蓄積しながら多種類の製品を密造した疑いがあるとみて調べている(「危険ドラッグ、仲間内で吸引実験 福井で貯蔵、効果見極めか」福井新聞2014年11月1日)。



売人グループはマンションに大量の植物片などを持ち込み、幻覚作用のある化学物質を混ぜて危険ドラッグを密造していた。京都市内のアパートで製造したとされる危険ドラッグに使われた指定薬物は、JR池袋駅近くで2014年6月に起きた暴走車による8人死傷事件で逮捕された男が吸引したとされるドラッグにも含まれていた物質である。毒性が強く、事故後、指定薬物に緊急指定された。

密造工場の一つとみられる、福井市照手3丁目のアパート住民らの話によると、派手な格好の女と、黒いエプロン姿の若い男がしばしば目撃されていた。他の住民との交流はほとんどなかった。2014年に入って4、5人の若者が頻繁に出入りするのを見たというアパートの住民は「腕に入れ墨のようなものが見えたこともあった」と声をひそめ、「狭い部屋に大人数で何を、と不思議だった」。近くの女性も「危険ドラッグの密造だなんて、気味が悪い」と不安を募らせた。

福井市順化2丁目の工場を兼ねた3階建ての賃貸住宅には、土屋裕樹、菜津美両容疑者が住んでいたとみられる。2014年10月11日に家宅捜索が行われ、福井署によると、大量の乾燥植物片が保管されていたという。2、3階の窓は黒いカーテンで閉じられ、以前から「妙だ」といぶかる住民の声があった。男数人が出入りし、県外ナンバーの車が見られたこともあったという。最近になって土屋裕容疑者が高級車に乗る姿を見たというある住民は「急に羽振りがよくなったと感じていたが、危険ドラッグに手を出していたとは」と驚きを隠せない様子という(「危険ドラッグ、福井中心部で密造か」福井新聞2014年10月31日)。


吉野健太郎

埼玉の男2人を新たに逮捕〜危険ドラッグ製造・密売

「埼玉の男2人を新たに逮捕〜危険ドラッグ製造・密売」福井テレビ2014年12月9日
県内外の男女6人が組織で危険ドラッグを製造販売していた事件で、福井警察署などは8日、医薬品の無許可販売の疑いで、埼玉県の男2人を新たに逮捕しました。また、グループの6人を同じ容疑で再逮捕しました。
新たに逮捕されたのは、埼玉県所沢市の日用品販売会社役員・吉野健太郎容疑者と同じく所沢市の無職・米澤茂樹容疑者です。
8人は、今年2月から6月にかけて、福井市順化で製造した危険ドラッグを県外のハーブ店舗などに約500袋を100万円で販売した危険ドラックの成分を含む医薬品の無許可販売の疑いが持たれています。
これまでの調べで、埼玉の男2人が中国から危険ドラッグの原料を調達していて、製造方法をメールなどでグループに教えていたことが判明、警察では原料の入手ルートの解明などさらに捜査を進める方針です。



林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 放射脳カルト 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 区長選挙 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook




Yahoo! Japan
林田力『東急不動産だまし売り裁判』
#STOPthe薬物 #危険ドラッグ #脱法ドラッグ #怖い #びっくり #korehahidoi #これはひどい #拡散希望