不当逮捕レビュー

林田力『不当逮捕レビュー』はナンシー・テイラー・ローゼンバーグ『不当逮捕』をはじめとする警察小説、犯罪小説、推理小説などのレビューである。

【書名】不当逮捕レビュー/フトウタイホレビュー/Review about Abuse of Power
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】江東住まい研究所/コウトウスマイケンキュウジョ/Koto House Laboratory

『不当逮捕』
『冬のフロスト』警察の腐敗
『ピーター卿の事件簿』人権侵害的な取調べを戒める
『刑事たちの三日間』貧困都市の闇
『凍った夏』
『冬の生贄』福祉国家の豊かさと闇
『楽園 シドニー州都警察殺人捜査課』
『パパ、ママ、あたし』
『湖の男』
『濡れた魚』
『ゴールドスティン』
『ムーンズエンド荘の殺人』
『緋の収穫祭』
『技師は数字を愛しすぎた』
『七年の夜』
『感染遊戯』元厚生事務次官宅連続襲撃事件の先を行く警察小説
『繚乱』
『果鋭』
『関野昂 著作選2 機巧館殺人事件』
『ストロベリーナイト』地上げ屋に殺されたようなもの
『三毛猫ホームズの推理』ゼロゼロ物件業者と重なる屑ぶり
劇場版2作目公開中『相棒』の奥深さ
『相棒‐劇場版U』杉下右京を引き立てる神戸尊の正義感
復讐の光も直視『相棒』正月特番・聖戦
『相棒』第12話「招かれざる客」キャラを崩す小芝居が笑い
『相棒』高視聴率は劇場版との連動ストーリー期待か
『相棒』第14話「右京のスーツ」、興奮する右京の変人ぶりに注目
『相棒season9』過去の事件やキャラと連動した最終回
『相棒』元日スペシャル、イタミンが臨時相棒に
『相棒 season10』過去が明かされた神戸尊の去就に注目
『相棒 season10』遅刻癖の神戸尊に罰は当然
『相棒 season10』神戸尊の卒業を暗示するも厳しい展開
『相棒 season10』第18話、右翼風は胡散臭い
『謎解きはディナーのあとで』リアルでキュートな北川景子のお嬢様
『最高の人生の終り方』サポート役の前田敦子が葬儀屋らしさを発揮
『最高の人生の終り方』警察犯罪の追及でバランス
ドラマ『デスノート』
『ポチの告白』
「ポチの告白」寺澤有氏が語る
『警察庁出入り禁止』
『報道されない警察とマスコミの腐敗』警察と報道に共通する問題
自白
Dickerson事件
警察ジャーナリスト・黒木昭雄氏の告発
警視庁が振り込め詐欺撲滅ビラ配布
『科捜研 うそ発見の現場』
心理面重視の取調べ『「落とし」の技術』
警察の暗部も正直に『スマン!刑事でごめんなさい。』
『やんちゃ、刑事。』破天荒でも相違は尊重
暴力団と対決『警察裏物語』
警察の内幕を面白く『続・警察裏物語』
『北芝健のニッポン防犯生活術』犯罪者の性向を踏まえた防衛策
『止めよう!市民監視(アベノリスク)五本の矢』

林田力『東急不動産だまし売り裁判』
東急不動産アソシアコーポレーションご説明批判